医療経営情報
医療経営情報
文書作成日:2021/05/31


 3月に厚生労働省から、職種別の賃金に関する最新の調査結果(※)が発表されました。ここではその結果から、看護師の所定内給与と年間賞与その他特別給与額をみていきます。




 上記調査結果から、年齢階級・経験年数別に看護師の賃金をまとめると、下表のとおりです。
 男性の経験年数計の平均は、所定内給与額が36.8万円、年間賞与その他特別給与額(以下、年間賞与等)が44.8万円です。所定内給与額は30代以降になると、30万円を超えています。年間賞与等は年齢階級によって、さまざまな金額となっています。
 経験年数別の平均をみると、所定内給与額は10〜14年の42.9万円が、年間賞与等は15年以上の69.5万円が最も高い状況です。





 女性の経験年数計の平均は、所定内給与額が30.2万円、年間賞与等が72.8万円となりました。
 所定内給与額は40代と50代が30万円台ですが、その他は20万円台になっています。年間賞与等は男性ほどではないものの、金額にばらつきがみられます。
 経験年数別の平均をみると、所定内給与額は15年以上の31.3万円が、年間賞与等も15年以上の83.7万円が最も高くなりました。



 貴院の看護師の賃金と比較してみてはいかがでしょうか。

(※)厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査
 2020年7月に行った同年6月分の賃金等(賞与、期末手当等特別給与額については2019年1月から12月までの1年間)についての調査です。調査対象数は78,181事業所で、ここでのデータは、10〜99人規模の事業所における看護師の賃金等になります。また、データが全くない年齢階級は省略してあります。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ・ご相談
アイン社会保険労務士法人
〒435-0045
浜松市中区細島町7-27
カワ清東山第8ビル3階東
TEL:053-401-5540
FAX:053-401-5541

お問合せ、ご相談